ふささら祭りで大迫力の阿波踊り!

Pocket

 

草加ふささら祭り終了しました!!
いなせ連にとっては阿波踊り三昧の2日間でした。

3日午前中は雄飛祭・アリーナで阿波踊り演舞を披露。よさこいの皆様とのコラボもありました。
午後は会場をふささら祭りに移して、県道足立・越谷線で流し踊り。
距離は長かったけれど、沿道の観客の皆様の声援・拍手に励まされて、最後まで気持ちよく演舞させていただきました。

4日は10:00からウォーターフロントで舞台踊りを披露。
お昼は左岸広場ステージで南越谷阿波踊りから合同連で阿波踊りを披露。
実はいなせ連がウォーターフロンで演舞披露後、雨が降り出し、よさこいのチームの皆さんは本降りの中、踊っていらっしゃいました。
阿波踊りの場合、雨だと鳴り物やうちわ・提灯が心配。なんとか止んでくれないかなぁ、と、すがる思いでいたところ、なんと!最初の阿波踊りチームがステージにあがろうとした時に、すっかり雨が止みました!恐るべし!阿波踊りパワー!
草加の皆様に阿波踊りの良さを知ってもらいたい、という私たちの執念にも近い強い思いが天に届いたのでしょう。3つのチームに分けて三大主流阿呆調・のんき調・娯茶平調)を披露。迫力のステージになりました!

2013ふささら1そして、県道足立・越谷線を三大主流が流し踊り。松原大橋からハープ橋に向かって、それぞれ踊り込んでいきました。
鉦のリードで、大太鼓・締太鼓・笛・三味線が奏でる生演奏の迫力たるや、ぞめきを聞きなれている私たちも圧倒されるほどでした。
沿道のお客様たちも大きな声援や拍手で盛り上げてくださいました。

 

2013ふささら2

 

 ハープ橋から折り返して、今度は総勢220名による総踊り。松原遊歩道の松並木をバックに、最高のロケーションで阿波踊りを披露することができました。

個人的には、この草加の地で南越谷阿波踊りのフィナーレを再現することができるなんて!!と感無量でした。
生憎、最後は雨が降ってきて急ぎ足になってしまいましたが、南越谷から来てくださった皆様も沿道のお客様も、そしてもちろん私たちいなせ連も大満足の阿波踊りだったと思います。
この先もずっと、草加と越谷で、このように文化交流が続いたらいいなぁ、と思いました。

草加ふささら祭り実行委員の皆様、よさこい振興会の皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございましたm(_ _)m

by あきず